NHK土曜ドラマ『チャレンジド』 オリジナル・サウンドトラック

発売日
2009 Oct.
収録時間
53'16" (21 tracks )
価格
¥2,463 (税込)/¥2,281 (税抜)
品番
PG-911
発売元
SWEET REASON RECORDS
販売元
PAKCHYS Inc.

音楽:小西香葉・近藤由紀夫(MOKA☆) 

<ドラマ紹介>
監督:国本雅広・大久保智巳 作:渡邉睦月
NHKで2009年10月から11月、毎週土曜にオンエアされた作品(全5回)。
ある日突然、光を失った熱血教師・塙啓一郎(佐々木蔵之介)が、苦悩と試練を乗り越えて周りの人々と触れ合いながら全盲教師としての道を再出発する物語。

前向きな姿勢とたゆみない努力で、夢を諦めずに成長して行く主人公・・愛と感動のヒューマンストーリーを彩る音楽は、雄大なストリングスセクションの響きを中心に、聴く人々の心に深く残る美しいメロディ集になっています。
神様からチャレンジする使命を与えられた人「チャレンジド」。このサントラアルバムは、ひたむきに生きようとする全ての人にMOKA☆が贈る音楽のエールです

TRACK

1.チャレンジドMP3

このサントラアルバムは、ドラマ『チャレンジド』のメインテーマで幕を開けます。。最初は静かに、失意の中から緩やかに、でも確かな一歩を踏み出せるようなイメージです。ストリングスセクションをバックに、1コーラス目はガムランテイストのメロディから、あふれ出す感情のような16分のピアノをバックにメロデイはオーボエにひきつがれていきます。
失意の心をあるがままに写し出せて、そのままで無理せず、そこから第一歩を踏み出せるような気持ちになれたら・・・そんな想いです。

2.試練

第一歩を踏み出したら、そこは格闘の連続です。
印象的なストリングスの刻みをバックにオーボエ、イングリッシュホルンでメロディを奏でています。

3.遥かなる先へ

気詰まりが続いても、もう少しはるか遠くに目を向ければ、そこには光りが差す風景が見えてきます。
そんな心象風景を真っすぐなリコーダーとイングリッシュホルンの音色で表現しています。

4.昔はものを思わざりけりMP3

ドラマ中では、心の中から沸き上がる何かによって今までの自分が変化する場面 で流れていたコーラス曲。
心の中にある純粋な想いが、ヴォイスのトーンと重なりあえればとの想いを込めて、MOKA☆のコーラスを幾重にも重ねて創りました。

5.それは唐突に・・・

悲劇は突然やってきます。想像もしていなかったタイミングと重さを、ピアノとチェロで表してみました。

6.ファイト!MP3

「さあやるぞ!」と第一歩を踏み出すには勢いが必要です。そんなポジティブアクションを応援するような鼓笛隊的サウンドです。

7.壁

格闘しながらも、うまくいかないときは落ち込みます。オーボエダモーレのメロディが、高い壁を目の前にした心情を奏でます。

8.停滞

不安を抱えたままで、停滞してしまう状態をエレピシンセの音色で表してみました。

9.走れ!

走り出す瞬間の澄んだ心情を静かに描き、それでいて徐々に疾走感を増していく構成になっています。

10.デリカシー

予期せぬアクシデント、迫りくる恐怖・・・・リズムのみのサウンドコラージュで創ってみました。

11.辿り着いた景色

苦悩、格闘していたことが解決され、達成感と安堵感の入り交じった瞬間をストリングスで表してみました。

12.前途多難

前向きに困難に立ち向かいながらも、うまくいかないときは落ち込みます。

13.静かな決意

自分自身と対峙した時に見える、本当に求めているものの正体。決意した人の広がり行く心模様を豊かなストリングスで描きます。

14.雨のベンチ

頑張ってもどうしようもできないこともある・・・雨のように降り注がれる哀しみをイメージしました。

15.ドンマイ!

挑戦して、例え失敗してしまっても「Don’t mind!」

16.暗闇で

暗闇の中で光も出口もみえない状態を、ストリングスの低めのレンジで表してみました。

17.SAILIN’

何も変わらない日々でも、遠くに希望がみえるときっていいです。

18.真実の翼

孤独の中で、それでも立ち向かおうと思えたとき。ふとまわりを見回すと、
やさしく支えてくれる人の存在に気付かされた時、勇気づけられます。

19.迷路

苦悩し格闘している時は、まるで抜け出せない迷路に迷い込んだような感覚に陥ります。

20.扉を開けて

ドラマ「チャレンジド」のタイトルバックで流れる曲です。

21.ゴールはスタート

アルバムの最後はテーマ曲のアクティヴヴァージョンです。
前半はピアノメロにイングリッシュホルンが絡みながら全体をストリングスが広げていきます。
後半は、テンポ感のあるリズムが加わっていき、疾走感を増していきます。
いろいろなことは、立ち止まっていられない、走りながら苦しみ、悩み解決に向かっていかなければならないときもあり、そして、ゴールに辿り着いた時、そこは新たなスタートになるのでしょう。

▲ページトップへ戻る